大学院の就職

リクナビNEXT[誰でも使える定番の総合求人情報サイト]
詳細
★★★★★
常に200万以上の求人案件が掲載しており、これだけ求人数があれば、貴方にぴったりの仕事を探せるはず。もちらん大学院生向けの仕事も満載! レジュメ登録すると企業からスカウトされる可能性があることはもちろん、あなたの注目度が数字としてハッキリわかる!自分の市場価値を図る道具としても便利。
利用者の声
良かった
会員用の機能が思ったよりも便利だった。スカウト機能とかもあるし、とりあえず使ってみて間違いはないかと。ちなみに俺の注目度は2064361人中903811位。どうなのこれ?
良かった
都内にある国際マネジメント研究科の大学院生です。英語が得意なのでそこを全面に押し出せばスカウトオファーもそこそこいただけますね!(20代 女性)
良かった
大学の卒業を前にして就職活動をしても、その年は就職氷河期と言われるほどの就職難。そして今年からリクナビNEXTで就職活動を始めたら、大学院生のほうが学部生より就職が難しい現実に愕然!それでも今のところこのサイトのおかげで就活は効率的にやれています。(20代 男性)
良かった
金融機関に就職が決まりました。文系院から就職は難しいと聞いていたので在学中から時間があるときはリクナビNEXTでどんな求人がでているか確認してました。院と就活と同時並行でなかなか大変でしたが就職できてほっとしてます。
良かった
少しでも良い求人に出会いたくてリクナビは新卒者用と転職者用のNEXTと両方チェックしました。希望通り製造メーカーの研究職に就職できました。私は一生この会社で働くつもりですが、転職状況がどんなものか社会勉強にもなりました。
良かった
社会人用ですが「リクナビNEXT」意外と使えました。逆に新卒者は目を通していない人もいるので穴場かもしれません。院卒未経験で検索してかなりの数の求人がヒットしますよ。使えます。
良かった
文系の院卒だから自力で就職先を見つけなくちゃならず、手当たり次第アンテナ張ってました。リクナビNEXTは中途採用者向けだけど未経験者でも応募できる求人も多く、私もいくつかエントリーしました。やっぱり就活は数こなさなきゃだめですね。
普通
ある私立大学の英文学の大学院生です。理系大学院生に比べると文系大学院生の就職は、厳しいとは耳にしていましたがまさかこれほどとは想像していませんでした。実際にリクナビNEXTにも登録して何社か面接までは行きましたが、まだどこからも内定を頂いていません。人気サイトな分、競争率も高いのかもと思ってしまいます。(20代 女性)
普通
担当教授からの推薦とは別に後で後悔したくないから自分でも会社探しをしてみた。リクナビNEXTには研究職も割とあり、上場企業も多く参考になった。実際いくつかエントリーもしてみた。自分に合った企業かどうか見極めるためにも推薦先だけでなく複数の企業に応募してみることをお勧めしたい。
残念
リクナビNEXTの紹介で何社か製薬会社の面接を受けましたが全部ダメでした。薬剤師専門のサイトを使ったほうがいいのかなあ(20代 女性)
リクルートエージェント[実は就職対策もばっちりのエージェントサイト]
詳細
★★★★
こちらもリクナビNEXT同様、社会人が転職するためのエージェントサイトのように見受けられるが、実は登録者の情報に応じて就職担当課に回す仕組みが取られているため、社会人経験のない人でも問題なく利用できる。なお会員登録フォームは転職者向けに作られているため勤続年数などの記載を求められるが、「勤め先なし」などでOKだ。
利用者の声
良かった
まさか本当に使えるとは思ってなかった(どう見ても転職者用だし・・・)ハロワでは受けられないようなサポートを受けれてとても助かりました。

大学院の就職事情

不景気が続くと就職氷河期なんて呼ばれる就職活動が厳しい時代になります。
就職するのが大変だからこそ、より専門分野を極めた方が・・・・と大学院に進む人の数は
年々増加傾向にあるのも事実です。

中には就職活動をしたけど内定をもらえずに卒業後にフリーナーになってしまうと
新規採用ではなくなるので就職活動が不利になるとわざと留年をしたり、
大学院に進学する学生もいるようです。

では大学院卒の方が大卒よりも就職活動は有利なのでしょうか?
確かに理系の専門分野の研究をし、そのまま研究に関係のある仕事に就く事が出来れば
有利かもしれませんが、研究職のポストはそう多くはありません。
それなのに大学院卒は年々増加しているのです。
これではどう考えてもあぶれてしまう人が出てきますよね。

文系で大学院まで卒業しても、それを生かせる仕事となるとそのまま大学に残って研究するぐらいしか
ないのではないでしょうか?そうなると同期より2年遅れで会社に入る新人という事になってしまい、
大学院卒の方が必ずしも就職活動に有利とは言えないようです。
そのため大学院卒フリーターにならないように就職活動はしっかりしなければいけません。

高卒転職eなら就職サイトを利用するといいでしょう。

昔は大学院卒は教授のツテを頼る就職が主流でしたが、今の時代そんな悠長な事を言ってられません。
とにかくネットで情報収集し、理系の職業、大学院卒が有利になる専門職を選んで仕事を探しましょう。

ちなみに大学院卒でサービス業を選ぶのは不利です。
大卒では197800円の初任給が大学院卒になると180300円と1割近く少なくある
職業もあるという事を頭にいれて就職活動をして下さいね。


大学院生に読んで欲しいおすすめ集



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト