大学院生が履歴書を書く時のポイント

大学院生が履歴書を書く時のポイント

 大学院生が履歴書を書く場合には、基本的な書き方は新卒者と同じように書きます。しかし大学生よりも年齢が上がる分、採用企業としては、専攻ゼミや研究テーマに期待をしています。大学生よりも高い目線で選考をしてきますので履歴書の基本的書き方が空欄が目立つようなおろそかな場合には、マイナスポイントとして大きく減点されます。
 よって基本的な履歴書の書き方はいうまでもなくプラスαな履歴書を提出するつもりで書くことが必要になってきます。

 

 まず大学院生の基本的な就活用の履歴書は、大学規定の大学院生用の履歴書を使うのが一般的です。その特徴は、大学院で研究してきたテーマや内容を書く欄が比較的大きいため、これまで学んできた専門分野をアピールすることができます。
 採用企業も選考にあたり、そこを非常に重視してくるため特に意識して、研究テーマ欄に、研究目的や取り組んできたことの成果、そこでの工夫や苦労を具体的にかつ関係に記載します。

 

 また、理系の場合には、使用言語や使用機材、使用PC環境や語学なども採用選考に大きく関わるため、しっかりとアピールする必要があります。しかし、専門分野に特化しすぎて専門用語中心で文章が小難しくなりすぎては逆効果になりますので、採用担当者にわかりやすくかつ印象的に伝わるように書き方に気をつける必要があります。

 

 就活の第一関門である選考では、履歴書と職務経歴書でしかアピールできませんので、履歴書の写真や書き方から人となりを、職務経歴書からは「知識と経験値」を推し量るためできる限り最高な書類を作成することが就活成功への一歩につながります。



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト