理系大学院生の就職事情

文系と理系、それぞれの大学院生の就職事情

文系大学院生の就職事情

 確かに文系の大学院生の就職事情はかなり厳しい様子が見受けられるようですね。
 かつての様に大学院を出れば大学教員やスタッフの道が開けているというほどのポストの余裕も無いようですし、企業からすれば、文系大学院生は決して美味しい存在とも言えないようです。
 就職ランキング上位に顔を出す様な一流企業への就職は東大や京大などに続く国大や早慶上智レベルの私学の大学院を好む傾向もまだ残っているとも感じられますが、本人のスキル次第ではそれ以外のパターンでも充分に乗り切れることでしょう。

 

 

理系大学院生の就職事情

 一時代昔のように理系大学院生がひっぱりだこであるとか、就職の花形と言われた時代ではなくなってきているようですね。理系大学院生に限らずどの学生さんにとっても就活は厳しい現実の壁に立ち向かう事になりますが、いわゆるアカポス(アカデミックポスト)と呼ばれる大学教員を狙うというのも簡単ではないようです。
 特に20代でその地位に就くのはかなりの難関とも言われていますので、民間企業に就職を考える方が無難という見方もできます。
 修士や博士などの大学院生に向けた就活情報サイトなどもありますので、そういったツールを上手に使って早めの段階からアンテナを張っている事も大切です。

 

 

「日系就職ナビ」は就職活動中の大学院生の味方です

 就活を応援するサイトの中で、大学院生にとって使い易いと評判な物に「日系就職ナビ」があります。
 このサイトは日経HRとディスコの共同で運営していて、主に大手を中心にした新卒求人が多いと言う特徴が見られます。優良企業ランキングや人気企業ランキングなどを検索することもでき、レベルの高い企業の情報をゲットしやすいページ作りがされています。面接の基本をチェックできる動画「動画で見る面接対策」もこのサイトでは評判のコンテンツです。自分のコミュニケーション能力や社会人としての評価などを分析できる診断もなかなか参考になります。また、注目の業界の情報も手に入れやすいサイトとしてこちらの日経就職ナビは評判が高いです。

 

大学院からの就職なら next.rikunabi.com

大手企業の優良求人を多数掲載。

 



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト