大学院生の就職希望者がよく利用している求人情報媒体って?!

業界専門誌

 

 大学院生の就職希望者の場合は、理工系の人の場合なら自分の専門が生かせる会社について業界研究をする必要がありますから、業界専門誌を読んでいることが多いです。

 

 企業研究や面接対策にもなります。人文系の修士号・博士号の人の場合は、できることなら大学や研究機関に就職したいと思っている人が多いので、学会の専門誌などをよく読んでいるようです。

 

無料求人誌

 

 どちらかというと低賃金で誰にでもできる仕事が多いので大学院生の就職希望者に向いていない媒体のような気もしますが、無料求人誌は1冊隅から隅まで読んでみると、ありとあらゆる職種をカバーしていることも多いし、WEBから問い合わせができる気軽さがお薦めです。

 

 気になる会社や仕事があったら積極的に問い合わせを出してみましょう。

 

求人サイト

 

 このごろは求人サイトもその趣旨によってすみ分けがはっきりしてきているので、自分が狙っている業界に特化した求人サイトをなるべくたくさん見つけて、登録し続けるとよいでしょう。メディカル系、福祉系などは修士号や博士号を取得している人材は大歓迎モードのところも多いです。

 

 

 

【関連記事】



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト