大学院生の就職と内定後の過ごし方について

採用担当に電話してみる

 

 自分を面接して採用してくれた採用担当に可能であれば電話をしてみましょう。そしてなぜ自分が採用されたのか?!聞いてみるとよいでしょう。

 

面接を受けたすべての会社に挨拶状を書く

 

 内定通知がきたら、面接を受けたすべての会社に電話で報告をして挨拶状を書くという人もいます。特に内定辞退をした会社にはなるべく心のこもったおわび状を送りましょう。面接で落とされた会社にも面接をしてくださったお礼の手紙を出すのがマナーです。

 

プチ旅行にでも出かける

 

 これまでの長く苦しい就職活動が一段落ついたら、1泊2日程度のリフレッシュ休暇に出かけるとよいでしょう。あまり長期間の長距離の旅行は疲れ果てるのでよくありません。

 

1日でエクセルの復習をする

 

 街のパソコン教室でもいいから、1日だけでもエクセルの復習コースなどを受けてみるとよいでしょう。できるようになっていて損はありません。特に大学院生でマッキントッシュユーザーであった人は就職をする際にウィンドウズの環境は必須です。

 

業界予習に精を出す

 

 図書館へ行けば業界専門誌のバックナンバーもあるし、業界予習をすると入社してから役立ちます。

 

 

【関連記事】



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト