大学院生の就職に必要な入社手続きについて

郷に入れば郷に従え

 

 入社後は会社の色とかルールに極力従いましょう。入社前にこれから働く会社がどんな会社なのか?!なるべく情報を収集しておきましょう。

 

 未経験、まるで未知の業界へ飛び込むのであれば、それなりの業界研究も求められるでしょう。業界紙もありますが、本屋へ行けば「業界地図」とか「職種がわかる本」が置いてありますので、それを読むと詳しくなれますよ。

 

新しい職場に提出する書類について

 

 会社は新しく人を雇ったら、法の定めるところに従って社会保険に加入させる義務があります。「年金手帳」「健康保険証」といった書類はどこの会社に入っても提出する必要がありますので手元に見当たらなければ役所に問い合わせましょう。

 

 会社によっては「身元引受人」を求めるケースもあります。就職活動をしている時から、親戚などに頼んでおくとよいでしょう。

 

就職をする準備をしよう

 

 新しい会社に初出社する際には、何時に出てくればいいのか?!直接問い合わせ、それより10分早く出社しましょう。

 

 配布される就業規則には目を通しておくとよいでしょう。1日も早く会社の雰囲気に慣れるように努力しましょう。

 

 

【関連記事】



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト