就職活動での学部卒と院卒での求められることに違いはありますか?

 

就職活動での学部卒と院卒での求められることに違いはありますか? 理系です具体的にどんなところを見るのですか?



 企業の業種や職種にもよりますが、入社後に期待される能力は、学部卒と院卒でも理工系か文系かによっても異なりまた勉強してきた専攻分野や基礎知識もっているのか否かも分かれます。

 

 企業によっては、院卒は、学部卒からさらに2年学生であるため採用基準としては、プラスαな評価基準や企業独自の選考基準にあてはめて選考されるため、どちらかというと学卒の方が年齢が若いだけ有利になることがあります。

 

 企業の採用概念としては、文系は学卒後に就職、理系は専門性を深めるためほとんどが院卒まで進んだのち就職と考えているため文系が院まで進むことは、就職する上では選択肢を狭めて選考ハードルを上げていることになり、院まで進んだ理由を必ず質問されます。

 

 しかし、シンクタンクや経済アナリストやエコノミストなどの金融の専門分野では院卒でないと入社できない業界や職種もあります。

 

 理工系の場合、製薬会社やメーカーなどで学部卒に求められる職能としては、1年間のOJTは必要と考えているため専門知識はさほど期待をしておらずフィールドエンジニアやカスタマーサポート、メンテナンスなどといった社外の顧客と接する機会が多いため、コミュニケーション能力は求められます。

 

 しかし、院卒の場合には、すでに修士課程の研究の中で、研究への取り組み姿勢から手順や実験結果(成果)を導き出す方法を身につけているため、期待される職能としては入社後でもフィールドエンジニアから設計など幅広い範囲をまかされ、将来的な指導者として期待されています。

 

 いずれにしても最低限必要な条件としては、学卒、院卒、文系、理系にかかわらずコミュニケーション能力は、求められます。

 

 



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト