文系院生なら公務員狙いが一番?

 

今春から大学院に進みました。専攻は経済です。実は就職が決まらずに大学院に進んだ状況で、院卒業後も就職できるか心配です。やっぱり、文系の院卒だと就職は厳しいのでしょうか?


 

 はい、一般的には厳しい認識でしょう。

 

 最近、大学卒業の時点で就職できず、あえて留年や大学院進学を選ぶ若者が増えています。時代の厳しさを痛感いたしますが、第三者的に見ると、院に逃避するのはあまり良い印象を受けないのも確かです。

 

 少し前まで大学院生のイメージというと研究大好き人間か、モラトリアム人間の行くところというイメージが強かったものです。それに加え、ここ最近では大卒時点で就職が決まらなかった人というイメージも出来上がりつつあるようです。

 

 きっと、あなたが大学院を卒業したころには、あなたと同じように就職浪人を避けるために院に進学した人たちと椅子取り合戦をすることになるでしょうから、学部時代よりも激戦が予想されます。

 

 考えて欲しいのが、一般企業では理系の研究職以外で院生を採用するメリットなんてあるのでしょうか? あったとしてポストはごくわずかでしょう。経済の研究をするのならアメリカでMBAを取るくらいのレベルでなくては研究者としては使えないでしょうし、潰しが利かないのは確かです。文系院卒者を学部卒生以上の即戦力として考える企業はめったにありませんから、人物的に同じレベルなら2歳若い大卒者が採用されることがほとんどです。

 

 かなり厳しい意見を書きましたが、2年後の景気状況によりどうなるか判りません。院卒の時点で売り手市場に変わっている可能性もあります。しかし天に運を任せるよりも、公務員試験などに焦点を絞ったほうがあなたのためになるでしょう。健闘を祈ります。

 

 



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト