就職して3か月、先輩がすでに2人転職し迷っています。

就職して3か月になります。職場の先輩がすでに二人転職しました。私も今の仕事も会社も好きではありません。どうしたらいいのか迷っています。

 

就職して3か月ですね。先輩社員が退職していったからとて、何も気にすることはありません。新入社員のあなたはまず目の前の仕事を覚えることに神経を集中させるべきだと思います。先輩が辞めたことを気にして、大切な自分自身をぐらつかせてはなりません。  

 

就活を成功させて今の会社に入ったからには、上司から指示を受けた仕事を完全にこなすことに全力投球してください。それだけで毎日がくたくたになるはずです。家に帰ってからもその日教わったことをノートに書き込んで整理しましょう。頭の中を整理整頓し、同じミスは再度繰り返さないようにすることが大切です。新人社員はこの繰り返しだと思います。ノートが厚くなるほど、経験と知識が蓄積されていくのです。

 

私の尊敬できる先輩は、入社5年目の時A4のノートを5冊持っていました。見せてもらったことがありますが、私が知りたいと思っていることがずいぶん書いてありました。まさに宝だと思います。  

 

新入社員に限らず新しい情報が雨あられのように降り注ぐ時代です。覚えきれないことのほうが多いと思います。私の先輩のノートはそのような情報を書き込んでどんどん冊数を増しているのです。私も先輩のやり方を真似して知識の積み上げに努力しています。  

 

ぜひ私たちの真似をしてください。仕事を一日一日と覚えると、仕事がだんだん楽しくなってきます。仕事が楽しくなると職場での人間関係も良くなっていきます。職場の人が好きになれば、自然と会社も好きになります。会社が好きになったらますます仕事に拍車がかかります。自分と仕事、人間関係の好循環が生まれたらしめたものです。後は階段を登りつめていくことになります。出世するということです。  

 

もう一度言います。退職していった先輩のことは忘れてください。自分には自分の道があるまのですから。転職するなどと考える前にすることがあります。しかし辛抱することが必要です。ノートを作って仕事を完全に覚えるようにしましょう。その蓄積は大切です。すぐに結果は出ません。私の経験では少なくとも3年は必要だと思います。地味にこつこつと積み上げることが、会社人生に勝利する王道だと思っても間違いないと思います。

 



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト