IT系には効果絶大、難関資格プロジェクトマネージャ

IT系には効果絶大、難関資格プロジェクトマネージャ

 文系の大学院生の就職が難しいと言われていますが、理系の大学院生は比較的に就職が決まっています。特に最近は景気の回復の兆しも見られることから、理系の大学院生にとっては自分が希望する企業に就職できるようです。そんな理系の大学院生にも人気がある資格が、情報処理技術者試験のひとつであるプロジェクトマネージャです。

 

 プロジェクトマネージャは経済産業省が認定している情報処理技術者試験のなかでも、最も難関な資格のひとつとしても知られています。しかし大手IT企業や銀行などの金融機関などではこのプロジェクトマネージャを、昇格や昇給だけでなく採用条件としているところも少なくありません。

 

 さらにプロジェクトマネージャの合格者や午前に行われる試験で基準点以上を得れば2年間、他の高度情報処理技術者試験の午前Iの科目免除が受けられます。高度情報処理技術者試験の他にも中小企業診断士や弁理士などの国家試験の1部が免除されるので、理系の大学院生でなく文系の大学院生も挑戦してみては如何でしょうか。

 

 またプロジェクトマネージャに合格すると自衛隊の技術陸曹や海曹技術の任用資格として認められていたり、警視庁のコンピュータ犯罪の特別捜査官の4級職の任用資格として認められています。千葉県警・群馬県警・茨城県警などでもサイバー犯罪捜査官を募集する際にもは、プロジェクトマネージャなどの情報処理技術者試験の合格が応募資格の一つとなっています。

 

 このようにいろいろな就職にも役立つプロジェクトマネージャの資格は、これから就職活動を控えている大学院生も押さえておきたい資格のひとつです。

 

 



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト