大学院生の就職希望者と就職に必要な期間について

就職活動期間を決定する要素とは・・・?!

 

 就職活動に必要な期間は、一般的に健康な男女であれば、(年齢÷7)カ月ともいわれます。しかし大学院生の就職希望者の場合、30歳過ぎてから就職活動を始める場合もありますので、年齢が高いだけで数か月分延長するとは言い切れません。個人差があります。

 

すぐに内定がもらえる人の共通点とは…?!

 

 大学院での専門分野や年齢に無関係に、すぐに内定が決まる人とそうでない人がいますが、すぐに決まる人は自分で就職活動の計画とノルマを設定し、それを厳格に守るタイプの人が多いです。

 

 「毎週○社エントリーする」といったノルマをしっかり守るためには、つねに楽天的に考えて、モチベーションを維持することが大事です。

 

転職エージェントに登録することのメリット

 

 転職エージェントは過去に何万人もの転職を支援してきた実績があり、外部のヘッドハンターなどのプロがいるので直接業界動向について知ることも可能です。

 

 独自のノウハウによって、就職希望者の適性や向いている会社を人事採用のプロが選んで紹介するので、大学院生の就職希望者も無駄な活動を省くことができます。

 

 

 

【関連記事】



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト