大学院生が就職するまでの流れ


 大学院を卒業された方、またその予定の方の就職活動は高学歴なりにその専門分野をできるだけ活かして仕事ができる職場に就けるのが理想的ですね。企業にとっても、大学院卒で主に理系技術者のタマゴは宝物ですし、将来を支えることになる貴重な人材であるはず。こちらのページでは、そんな原石を輝かせる為にも、就職活動での失敗や後悔が無いように幾つかのポイントをご紹介して行きます。

1.大学院生の就職活動

 大学院生の仕事探しでは、専攻した学部に関連する業務や業界を希望する傾向が強いでしょう。但し、あまりにも専門分野に拘り過ぎて視野を狭めてしまうのでは折角の自分の可能性を閉じてしまう事になりがちです。それを防ぐためには、出来るだけ外部からの幅広い情報を採り入れ、それらに積極的に耳を傾ける努力を怠らないようにすることが大切です。

 

 

2.情報集めのコツ

 就職活動の情報集めは時間との勝負でもあります。自分だけの力で情報集めをし、それをふるいに掛けるのではいくら時間が有っても足りません。そこで利用するのが就職情報サイトですが、実はそれらの内容やサービスにはそれぞれの特徴が有る事を知っておくべきです。その点、大学院卒業の学歴者にも充分に対応していると思われるリクナビNEXTリクルートエージェントでしたら、情報に不足は有りません。

 

 

 

 

 

3.応募のチャンスを逃さずに!

 専門知識を活かせるような求人案内は就活サイトの中でも随時掲載されています。大手有名企業などのエントリーも今では就活サイトからというのが通常ですし、タイムリーな募集要項のチェックを見逃してしまわぬように、早い段階での会員登録や求人情報チェックへの慣れも必要です。書類選考の準備などもサイト上でノウハウを学ぶ事が可能ですので、使い倒すつもりで登録してみましょう。

 

 

4.一度は受けておきたい面接シュミレーション

 大学院卒業となると学歴や専門知識の上では、一般の大卒生や既卒者よりも優位な状況なだけに、面接で失敗はしたくありません。面接で自己アピールがどれだけ出来るかは事前準備においてポイントを掴む作業が必要です。短い時間の中で大学院で学んだ動機や成果や、就職先での展開などを説明できるように準備しておくとともに、できれば就職活動中に面接のシュミレーションを受けておくと自信アップに繋がります。

 

 

 

5.スタートダッシュに乗り遅れない入社準備

 大学院卒業生に限らず新入社員は常に注目されています。内定が決まって一段落したら、慣れない職場への入社後に、できるだけ快適に馴染めるように準備を始めましょう。外見上の身だしなみや服装チェックもそうですが、内面的な気遣いでは、周囲への挨拶やマナーも最初が肝心です。また、健康面では少しでも治療が必要な物があれば入社までに終了させておきましょう。

 



トップページ 大学院生が就職するまでの流れ おすすめ就職サイト